LibreOffice Fresh更新とDraw使い方のコツ

2020年10月29日、無償でWindows/Mac/Linux全てのPCに使えるLibreOffice Fresh(最新版)がv7.0.3に更新されました(Still(安定版)はv6.4.7)。LibreOffice Drawを使った、実践的で簡単・短時間作図方法を、本ブログのカテゴリ図を例に説明します。

LibreOffice Draw作成のカテゴリ関係図
LibreOffice Draw作成のカテゴリ関係図

文章を読んでもらうには、読者の目を引付ける図が必要です。問題は、この図を簡単・短時間で作図できるか?です。この実現のため、Draw作図のコツを説明します。作成した図は、Word/Excel/PowerPoint などのOfficeツールへの挿入も簡単です。Draw応用範囲は広いと言えます。

Draw(Visio)とImpress(PowerPoint)

LibreOffice Drawは図形描画ツール、Impressはプレゼンツールです。これらに相当するOfficeツールが、VisioとPowerPointです。プレゼンツールのImpressやPowerPointは、1スライド3分、数行の文章記述がプレゼン中の基本です。従って、その描画能力もこれに準じた簡易なものです。

一方DrawやVisioは、図形専用のためより細かく高度な描画が可能です。

Drawで作成した図は、Officeツールへも挿入ができます。Draw相当のOffice Visioは、Word/Excel/PowerPointとは別パッケージで、しかも高価です。つまり、Drawが使えると、「WordなどのOfficeへも広範囲に適用できる高度な無償図形描画ツールを得た」ことになります。

Drawの基本的使い方は、関連投稿:LibreOfficeの使い方(総集編)をご覧頂くか、または、カテゴリのLibreOfficeをクリックすると、LibreOffice関連投稿だけが選抜されますので参照してください。

本稿では、基本的使い方の次の段階、実践的で簡単・短時間のDraw作図方法を示します。

LibreOffice Draw簡単・短時間作図方法

具体例が無いと解りにくいので、本ブログのカテゴリ関係図を例に作図します。

本ブログは、MCU:マイコン開発に関する投稿が主、このMCU開発の土台であるPC:パソコンと、MCU開発の比較対象としてMPU/SBC:IoTプロセサに関する投稿が従の関係です。文章で書くと簡単ですが、このカテゴリ関係を図示したのが最初の図です。

作図の流れ

最初にDraw作図の流れを示し、簡単・短時間で作図するポイントやコツを示します。これ以降は、ギャラリーのダイアグラムを例に説明します。

  1. 図のイメージを持つ(大まかで良い)
  2. ギャラリーからイメージに近いダイアグラムを選択し、作図ページへ配置
  3. 配置ダイアグラムを、イメージに合わせ修正し、最後に基本図形で修飾

(1)描きたい図を大まかにイメージすること、(2)そのイメージに近いダイアグラムを右側ギャラリーから選び、(3)そのダイアグラムを修正後、左側基本図形で細かい修飾を加えるなどのイメージ具体化をすること、の3段階です。つまり、イメージ主体で作図することです。

※ギャラリーと基本図形の位置は、LibreOffice標準ツールバーのデフォルト位置で説明します。

ポイント:ギャラリー利用

イメージに近いギャラリーパーツを選択すること、これが簡単・短時間Draw作図最初のポイントです。

ギャラリーのダイアグラムパーツ
ギャラリーのダイアグラムパーツ

基本図形は、図形同士の関係や、注釈を加える時に便利なパーツを集めたものです。ギャラリーは、利用頻度が高く半分完成したパーツを集めたもので、ダイアグラムやフローチャートなど多くの既成パーツがあります。

このダイアグラムの中にイメージに近いパーツがあるハズです。無ければ基本図形を使って0から作図することも可能ですが、手間暇がかかります。イメージがあれば、パーツ選択は早く簡単です。

ギャラリーパーツ修正のコツ

よりイメージに近いパーツへ修正するコツは、ページにダイアグラム配置後、直に左クリックすることです。ギャラリーパーツ修正メニューが表示されます。

この修正とは、ギャラリーパーツの「形を保持したまま」各種変更を加えることです。

ギャラリーパーツ配置後、左クリックで現れる修正メニュー
ギャラリーパーツ配置後、左クリックで現れる修正メニュー

領域(R)や線(I)選択で、ダイアグラム配色や境界線の色が変更できます。グループ解除(U)とグループに入る(E)は、1つのダイアグラムを構成しているパーツが複数ある時に、それぞれ別々に修正する時に使います。

図形変形加工のコツ

ダイアグラムそのものの形を加工するコツは、標準ツールバーの、変形ボタンをクリックすることです。

ギャラリーパーツの変形加工時に使う標準ツールバー変形ボタン
ギャラリーパーツの変形加工時に使う標準ツールバー変形ボタン

ダイアグラムは、半分完成のパーツです。大小サイズ変更は簡単ですが、半完成の形そのものの変更には、標準ツールバーにある「変形ボタン」をクリックします。カーソルが「⇋」など通常カーソルから変わり変形モードになったことが解ります。

変形モードには、ダイアグラムを傾斜させる、ゆがめるなどの選択肢があります。文章での説明は難しいので(アプリケーション付属ヘルプを読んでも、役立たないのと同じ現象が懸念されますので😅)、実際に一度試してください。

ダイアグラムの形そのものを、簡単に変えられることが解ります。

まとめ

LibreOffice Draw作図のポイント、コツを説明しました。動画があれば別ですが、文章や図だけでの説明は、なかなか難しく解り難かったと思います。しかし、くどい説明より、後は操作の慣れの問題です。

実際にLibreOffice Drawを使いながら本稿を読んで頂ければ、直に解り、操作にも慣れます。

思い描くイメージをすばやく具体化するには、作図途中でイメージと関係ない余分な操作は無い方が効果的です。そこで、ギャラリーからイメージに近い図を選び、これを修正・加工するイメージ主体Draw作図方法を示しました。

Drawで作成した図は、WordやPowerPointへもコピー&ペーストで簡単に挿入でき、繊細で高度な図も描写できます。本稿で示した簡単・短時間で作図するポイントやコツを使って、是非Drawをご活用ください。


LibreOfficeの使い方(総集編)

2020年10月13日に全サポートを終了するMicrosoft Office 2010代替として、本ブログは、約1年間LibreOfficeを試用してきました。この総集編としてLibreOfficeカテゴリ全投稿(15)の中から、LibreOfficeの使い方ポイントをまとめました(詳細な内容は、リンク先の投稿を参照してください)。

総集編のもくじが下記です。

弊社使用頻度が高いWord代替Writer(文書作成)と、Visio代替Draw(図形描画)の説明に集中していますが、他のCalc(表計算)、Impress(プレゼン作成)、Base(データベース管理)、Math(数式作成)も同様です。

LibreOfficeの使い方(総集編)もくじ

  1. 2パッケージ、Windows USBポータブル、手動更新
  2. セキュリティ
  3. ユーザインタフェース(メニュー/ツールバー/アイコン変更)
  4. Writer/Draw基本設定、弊社無償テンプレート
  5. Office併用の使い方
  6. 発展的LibreOfficeの使い方

2パッケージ、Windows USBポータブル、手動更新

LibreOfficeは、最新機能を盛込んだFresh(最新版)と、Freshリリース後数か月で初期バグがほぼ無くなったStill(安定版)のPCインストール用2パッケージがあります。Freshが1か月、Stillが3か月毎の更新スケジュールです(COVID-19パンデミック前の状況)。

LibreOffice 2パッケージ
パッケージ 想定ユーザ 投稿時版数(リリース日) 更新スケジュール
Fresh(最新版) 新しいもの好き、パワーユーザ向け v6.4.2(2020/03/19) 1か月
Still(安定版) ビジネス&法人企業、慎重なユーザ向け v6.3.5(2020/02/20) 3か月

なお、筆者はFreshを1年間試用してきましたが、期間中バグには遭遇しませんでした。

Fresh/Stillともに、Windows USBポータブル版もあります。ポータブル版を使うと、利用PCに一切作業履歴が残らないので、出先のPCやネットカフェなどでもLibreOfficeを気楽に使えます。

LibreOfficeの更新は、更新版を上書きインストールします。各種設定も引き継がれます。更新版は、LibreOfficeヘルプ(H)でLibreOfficeサイトへアクセスし、更新有無を確認、有の時は、更新版を手動ダウンロード&インストールします。

この手動更新を手間と見るか、それともユーザ主体アップデートと見るかは、意見が分かれるところです。

日本語版リリースノートを見てアップデート必要性をユーザが判断し、手動で更新する方が、ブラウザなどと異なるこの手の仕事直結アプリケーションには向いていると思います。勝手にアップデートされ、しかも時々トラブルが発生するOfficeは、ビジネス用途には不安が残ります。

セキュリティ

ツール(T)>オプション(O)>セキュリティの下記2箇所に☑追加がお勧めです。

LibreOfficeセキュリティ対策
LibreOfficeセキュリティ対策。ツール(T)>オプション(O)>セキュリティで信頼された場所ではないドキュメントからのリンクをブロックにチェックをいれる。

ユーザインタフェース(メニュー/ツールバー/アイコン変更)

1年間のLibreOffice試用期間中、最も変更が多かったのが、ユーザインタフェース(UI)です。

具体的には、下図のようにメニュー構成やツールバーのユーザカスタマイズの関連で、Fresh v6.4.2では、アイコンのスタイル変更も可能になりました。

LibreOffice Fresh v6.4.2のアイコンスタイル変更
LibreOffice Fresh v6.4.2のアイコンスタイル変更

変更の目的は、新規LibreOfficeユーザの獲得だと思います。

メニューは誰もが最も目にする場所で、OfficeユーザをLibreOfficeへ惹きつけ、新規にLibreOfficeユーザを増やすのには最適な箇所です。LibreOfficeは無償ですが、運営寄付も歓迎しています。多くのユーザ獲得により、安定運営に繋がります。

それでも、UIをアイコンからリボン形式に勝手に大変更するなどの既存ユーザを悩ます変更は、LibreOfficeではありえません。あくまでユーザ主体の変更です。

お勧めのUIは、ノートPCなど表示エリアが小さくても効率的な作業ができるシングルツールバーで、その他にも6種類ものUIがあります。

初めての方が判りにくいのは、①:表示(V)>ユーザインタフェース(I)でツールバーを選び、②:ツール(T)>オプション(O)>LibreOffice>表示で、①で選んだツールバーのアイコンスタイルや大きさ(自動/小/大/特大)を、更にカスタマイズする2段構成だということです。

UIは、利用PC環境などで好みが変わるので、「汎用的なシングルツールバー」がお勧めとだけコメントします。

Writer/Drawフォント設定、弊社テンプレート

表示フォントも好みの問題です。

但し、OfficeとLibreOfficeを併用する場合には、同一フォントを利用する方が、見た目も文字間隔なども同じになり良いと思います。

たとえフォントを同一にしてもOffice文書をLibreOfficeで読み込むと、レイアウト崩れが生じる時があります。完全互換アプリケーションでは無いためです。しかし、同じOfficeファミリでさえ完全互換は実現できていません

お勧めのフォントは、Writer/Drawどちらもメイリオです。このメイリオフォント設定済み、タイトルや見出しなどのスタイルも設定済みの弊社Draw/Writerテンプレートを無償配布しています。

LibreOffice付属公式テンプレートは、使い勝手が良いとは言えません。弊社Writer/Drawテンプレートを使うと、文書の見た目が出来上がっていますので、内容に注力して作業ができます。

Office併用の使い方

全サービス終了のOffice 2010と完全互換ではないLibreOfficeを、2020年10月13日以降どのように使っていくと便利かを検討した結果が、LibreOffice/Office併用案です。

Office 2010に限らず、既成Office文書も利用しつつLibreOffice環境へ移行する1つの方法です。

発展的LibreOfficeの使い方

LibreOfficeの特徴ポイントが以下です。

  1. 世界標準文書と、新旧Office文書の読取り/書込み能力
  2. Windows/Mac/LinuxマルチOS動作、日本語対応、無償、欧州発ソフトウェア

ポイント1を活用した使い方が、前章で示したLibreOfficeとOffice 2010併用のPC文書環境です。

ポイント2活用の、発展的なLibreOfficeの使い方が以下です。

弊社メインPCのOSは、Windows 10 Pro 64bit版です。ここ数年続くWindows Updateトラブル状況が改善されないので、バックアップPCのOSは、WindowsからLinux Mint 19.3 MATE 64-bit版へ変更し運用中です。OSがLinuxの場合、自作の古いPCでもWindowsよりも軽快に動作するメリットもあります。

ビスネスPCのOSは?
信頼性重視ビスネスPCのOSはWindows、Mac、Unixのどれが良いか?

このように異なるOSが混在するPC文書環境では、Windows/Mac/Linuxで動作する無償LibreOfficeが最適です。

文書を含むユーザデータがPC間で同期済みであれば、万一、Windows Updateでトラブルが発生しても、Linux PCで開発を中断せずに継続できるからです。また、OSが異なるため、メイン/バックアップ同時PCトラブルの発生確率は低くいです。

Linuxには、PC文書アプリケーションとして、初めからLibreOfficeがインストール済みなのも好都合です。

最近は、PCアプリケーションのマルチOS化が進んだので、筆者ビジネスに関しては、Windows/Linuxどちらも同じPCアプリケーションが動作します(逆に日本語対応は、後退しつつある気がします)。唯一異なるアプリケーションが、Officeです。OfficeもMacで動作するようにはなりましたが、Linux動作は困難だ(MSは狙っていない)と思います。

LibreOffice、OfficeどちらもPC文書作成の基本機能は、既に完成の域に達しています。

圧倒的ユーザ数を持つ米国発有償Officeは、Microsoftビジネス戦略に沿った改良や改版が、一方、後発の欧州発(The Document Foundation)無償LibreOfficeは、Officeユーザ獲得やUIを主とする操作性の改良、クラウド対応などが今後も続くと思います。

本ブログで紹介したLibreOffice機能は、そのほんの一部です。例えば、LibreOffice Fresh v6.4.2で追加されたQRコード生成機能は、スマホ主体となったユーザのリンク生成に非常に役立つ機能です。このように、エンドユーザ重視の改良が目立つのもLibreOfficeの特徴と言えるでしょう。

スマホ主体ユーザ向きのQRコード生成機能
スマホ主体ユーザ向きのQRコード生成機能

今後どのようにLibreOfficeを使っていくかは、ユーザ次第です。上記特徴を踏まえ、WindowsとLinux共用メイン文書作成アプリケーションとして徐々に使い方を拡大したいと考えています。

* * *

本稿が、Office 2010サービス終了をきっかけに、代替アプリケーションとしてLibreOfficeを検討中の方や、COVID-19の影響で、自宅PCで職場の文書作成を継続する方法を検討中の方などのご参考になれば幸いです。

LibreOffice最新版6.2.5へ更新

LibreOffice版数(2019年7月9日現在)
パッケージ 想定ユーザ 2019/7/4版数
最新版(stable 技術マニア、新しいもの好き、パワーユーザ向け 6.2.4 → 6.2.5
安定版(stable ビジネス組織、法人企業、慎重なユーザ向け 6.1.6(変更なし)

2019年7月4日、パワーユーザ向け新機能を盛り込んだLibreOffice最新版が、6.2.5へマイナー更新されました。安定版は、6.1.6のままです。マイナー更新方法無料テンプレートなどは、リンク先投稿を参照してください。

マイナー更新間隔とメジャー更新予測

マイナー更新実績、下線はメジャー更新予測
パッケージ 更新月日(版数)
最新版 2019/04/19 (6.2.3) → 2019/05/22 (6.2.4) → 2019/07/04 (6.2.5) → 2019/08 (6.3)?
安定版 2019/02/07 (6.1.5) → 2019/05/09 (6.1.6) → 2019/08 (6.2)?

現在LibreOffice提供中のダウンロード版数は、6.2.56.2.4、それと6.1.6です(全て日本語版)。安定版は6.1系のまま、最新版は6.2系で更新中です。

最新版の更新間隔は、おおよそ1か月、安定版は3か月です。最新版は、次回6.3系へのメジャー更新が8月に予定されており、このタイミングで安定版も6.2系へメジャー更新すると思います。

LibreOffice 6.1系と6.2系の差は、こちらの投稿のノートブックバー章を参照してください。

LibreOffice 6.2系の個人評価

筆者は、今年2月からノートブックバーが採用されたLibreOffice最新版6.2系を代々使い続けています。バグにも遭遇せず便利にDraw/WriterをWindows 10 1903で使用中です。

6.3系でどのような機能が追加されるかは分りませんが、個人的にはMicrosoft Office代替としてLibreOfficeはお勧めです。

LibreOffice6.2系とMicrosoft Office 2019/365との機能比較は、こちらの投稿の比較表を参照してください。

LibreOffice新ツールバー追加し最新版、安定版ともに更新

2019年2月7日LibreOfficeが最新版、安定版ともに新しいツールバー:NotebookBarを導入し更新されました。
本更新は、マイナー更新に相当しますので、ウェブサイトから更新版ダウンロードとインストールが必要です。

LibreOffice版数(2019/02/10現在)
パッケージ 想定ユーザ 2019/2/7版数
最新版(stable 技術マニア、新しいもの好き、パワーユーザ 6.1.4 → 6.2.0
安定版(stable ビジネス組織、法人企業、慎重なユーザ 6.0.7 → 6.1.5

関連投稿:LibreOffice更新、メジャー/マイナー更新の章参照

LibreOffice公式Twitterに、LibreOffice6.2の新機能紹介動画(4:33)があります。ツールバー以外にも改善箇所がありますので、この動画をご覧になれば更新内容が解ります。本稿はこれらのうち、新ツールバー:ノートブックバーを説明します。

新ツールバー:ノートブックバーの使い方

ノートブックバーは、従来からある標準ツールバーなどへ「追加された」ツールバーで、より柔軟で少ない面積にコマンドをカスタマイズ表示できます。リボンツールバーへ「一挙に全て変えて」ユーザを戸惑わせるMicrosoft Officeよりも良心的です😅。

そのノートブックバーは、デフォルトでは表示されません。表示(V)>ユーザーインタフェース(I)>で、タブ(D)、または、グループバーコンパクト(E)で利用可能になります。ノートブックバーは、この追加された2種類のユーザーインタフェース:UIの総称と考えれば良いでしょう。

標準ツールバーから新ツールバー:ノートブックバーの表示方法
標準ツールバーから新ツールバー:ノートブックバーの表示方法

一言でいえば、タブ(D)は、Microsoft Office 2010のUIにより近く、グループバーコンパクト(E)は、よりコンパクトかつカスタマイズできるツールバーだと思います。

新UIのタブ。Office2010のようにタブでコマンドを切替える。
新UIのタブ。Office2010のようにタブでコマンドを切替える。
新UIのグループコンパクト。コマンドをグループ分け、よりコンパクトにカスタマイズ表示できる。
新UIのグループコンパクト。コマンドをグループ分け、よりコンパクトにカスタマイズ表示できる。

また、オプション(O)の表示でUI表示のアイコンサイズも自動、小、大の選択が可能です。

UIのアイコンサイズも変更可能
UIのアイコンサイズも変更可能

標準ツールバーに戻すときは、右端のハンバーガーメニュー、または、メニュー(M)でユーザインタフェース(I)が表示されますので簡単です。

タブから標準ツールバーへ戻す方法
タブから標準ツールバーへ戻す方法

文章や資料作成時は、内容や構成に集中しています。頻繁に利用するコマンドは、数個だと思いますので、色々カスタマイズしてご自分の使いやすいUIにすれば作成効率も上がります。Officeに慣れた方でも、今回のノートブックバー追加で、よりLibreOfficeへの移行が簡単になると思います。

弊社は、LibreOffice WriterとDrawの使い方、実務で使えるテンプレートを下記関連投稿で配布中ですのでご活用ください。
関連投稿:実務LibreOffice Writerカスタマイズ
関連投稿:LibreOffice Drawの使い方とテンプレート

Office 2010代替と1809トラブル対策

今年になってExcel 2010が正常に起動しないなどトラブル続出で、RS5:1809のUpdateトラブルも含めるとMicrosoft技術力低下を疑わせる状態が続いています。最先端技術牽引企業ですのでやむを得ないことは承知しておりますが、ビジネスツールとしてはひどいレベルです。19H1:1903は、順番で言うと安定チーム(?)が開発担当してくれるかもしれませんので、改善を期待しております。

本稿で示したLibreOfficeは、Windows/Mac/Unix上で使え、新旧Office文書互換、しかも無償、更新や機能追加方法も安全志向です。2020年10月13日でサポートが終了するOffice 2010、その他Office2019/2016/2013代替、Windowsトラブル対策としてもLibreOffice導入を検討されてはいかがでしょう?