MCU:マイコン

評価項目
入手性の良さと低価格 秋月通商で¥450にて販売中
高性能で大容量 20MHz動作、ROM/RAM/データフラッシュ=32KB/2KB/2KB
無償開発環境の良さ 統合開発環境HEW
汎用性と拡張性 IOピン数が程ほどで、手実装も容易

電池駆動用に超低消費電力などの突出性能マイコンもありますが、全項目をバランス良く満たし、使い易い汎用マイコンは、R8C/25:54ピン□10×10mmです。

複数種のマイコンと、DSPやパソコンソフト開発を十数年経験して、マイコンハード単体の能力不足を感じた事は、幸運な事に一度もありません。対象製品がユーザインタフェース処理や、普通の計算能力で十分なためでしょう。

むしろ違和感というか、抵抗を感じたのは、ソフト開発環境です。初期設定と無限ループから構成されるマイコンソフトの生産性を上げる工夫は様々です。最近は、初期設定を自動生成する新タイプの環境も多くあります。

残念ながらR8Cマイコンは、次期製品RL78マイコンへの移行が決まっており、このような新タイプ環境ではありません。が、古いタイプの開発環境マイコンの中では優れた汎用マイコンです。

RL78マイコン,MCU:マイコン

RL78関連の情報は、Runesasサンプルコードで集めます。サイト掲載のサンプルコードを簡単にデータベース化する方法を示します。

  1. コード検索後、検索部分のみをマウスで全部選択
  2. 空のExcelBookへ貼り付け(←Excel2010で動作確認)

これで簡単にExcel化できます。リンクも自動的に張られますので、ダウンロードも簡単です。Excel化してあるので、独自コメントなども追加できます。

サンプルコードは、宝の山です。これらを効果的に活用するには、簡単に作成できる独自データベースも有効手段です。

MCU:マイコン

ここでは、初級終了から中級レベルの読者を対象に、R8C/25とRL78/G13マイコンについて、Tipsを掲載します。

マイコン関連情報を5段階評価すると、初心者向けの第1段階と、上級者向けの4~5段階の情報はあります。しかし、初級終了から中級レベルの2~3段階向け情報は少ないです。この段階は、OJTや自助努力で力を伸ばすのでしょう。でも、ここを効果的に終了すれば、より早く高みに登れる事は、間違いありません。このニーズのために、私が得意な2つのマイコンで記事を記載します。中級レベルの読者であれば、他マイコンへの応用も容易であると思います。