MCU開発者の将来像

現状のMCU開発経験が、将来どのように活かされるかの参考になる記事が、日経XTECH:「技術的負債」の処方箋に記載されました。記事を筆者なりに解釈したのが、下記です。

  • 現状:MCU開発者は、C/C++言語でMCUを動かす
  • 将来:MCU開発者はCTOとなり、日本語/英語で人/組織を動かす
  • MCUソフトウェア開発スキルは、経営、組織マネジメントへ活かせる

CTO:Chief Technical/Technology Officer

CTOとは、ビジネス幹部のポジションで、会社における技術的な役割に焦点をあてたもの。研究開発ディレクターの立場を拡張したものとして、アメリカでは1980年代に登場(Wikipediaより)。日本ではまだ馴染みが少なく、また記事にもあるようにソフトウェア開発経験を持つCTOも少ないです。

日本企業のCTOには、ソフトウェア開発経験が必須で、今後その比重は増すと思います。

Technical/Technologyに対する相対地位の日米の差は、依然かなりあります。例えば、日本企業のAI危機感が足りない?という記事にも表れています。80年代から言われたことですが、現在でもこの日米差は、あまり変わっておらず、依然として日本ではTechnical/Technology軽視傾向があります。

自動運転レベル3

その日本でもTechnical/Technologyの相対的重要さに気が付く環境がスグそこに来ました。自動運転レベル3搭載車発売です。

下記ラベルを貼った自動運行対応車を多く目にし、同じラベルでも搭載Technical/Technologyによる車の違いが目に見えるようになれば、誰でもTechnical/Technologyの重要さを認識すると思います。また、ソフトウェアアップデートやセキュリティ対策により、製品ソフトウェアの更新も重要と認識されるでしょう。

自動運転を示すラベルと搭載装置(出展:レベル3搭載車発売記事)
自動運転を示すラベルと搭載装置(出展:レベル3搭載車発売記事)

※自動車ソフトウェアのOTAアップデートは、関連投稿:5G、Wi-Fi6、NXP、STMの2章などを参照してください。

日本車と言っても、自動車はグローバル市場へ向けた製品です。Technical/Technologyの相対地位が高いグローバルな基準で製品化された結果が、その実力差やシェアとなって現れます。

この日本車に対し、殆どの日本製品のグローバル地位は、低下しつつあります。日本でのTechnical/Technology軽視の証左だと思います。

MCU開発者の将来像

本ブログ読者は、MCUソフトウェア/ハードウェア開発に携わる方が殆どです。ハードウェア担当でも、TP(テストプログラム)を自作するなど、ソフトウェアなしの製品開発は今やあり得ません。この開発作業は、最初の記事にあるように、泥臭く、地道な所作の繰返しです。

しかし、その繰返しで習得するMCUを開発するスキルは、将来必ず経営、組織マネジメントへも活かせます。対象がMCUから人や組織へ、使う言語が、C/C++言語から日本語/英語へ変わるだけです(もちろん、MCUより人の方が複雑怪奇ですが…😅)。

※C++は、C言語をオブジェクト指向プログラミングへ拡張した新言語。Cに比べ、MCU間移植性や拡張性に富む。C/C++ともに英語ベースのため、欧米人の意志伝達/思考との親和性は高い。

※英語キーワード理解があいまいだと、Technical/Technologyの基礎習得にぐらつきが生じる(関連投稿:MCUセキュリティ話題の5章)。英語リーディング能力もMCU開発者に必須。英語が読めると、ソフトウェア開発スキルや思考方法もグローバル開発者レベルに近づく。

現状日本のTechnical/Technology軽視環境は、IoT普及や自動運行対応車が増えるにつれて、いずれグローバルレベルへ変わります。その時は、CTOまたはその補佐役には、ソフトウェア開発経験は必須です。

MCU開発者の皆さんは、将来CTOを目指し開発製品の市場獲得ができるよう、今のソフトウェア開発スキルを磨いてください。


STM32CubeMonitor

STマイクロエレクトロニクスのSTM32MCU純正開発環境STM32Cubeツールファミリに新に追加されたSTM32CubeMonitorを解説します。

STM32CubeMonitor特徴1:変数リアルタイムモニタ

STM32MCUアプリケーション開発フローと、純正開発環境STM32Cubeツールファミリ:STM32CubeMX、STM32CubeIDE、STM32CubeProgrammer、 STM32CubeMonitorの機能配分が下図です(以下、各ツールの頭に付くSTM32は省略して記述します)。

STM純正 4 Software Development Toolsと機能(出典:STMサイト)
STM純正 4 Software Development Toolsと機能(出典:STMサイト)

この1~4段階の開発フローを繰返すことでアプリケーション完成度が上がります。CubeMX、CubeIDE、CubeProgrammerの機能には重複部分がありますが、Monitoring機能を持つのは、CubeMonitorだけです。

通常のMCU開発は、CubeMXがビルトインされた4段階全てをカバーする統合開発環境:CubeIDEを使えば事足ります(CubeMXビルトインCubeIDEの詳細は、関連投稿の3章をご覧ください)。

CubeProgrammerは、MCUオプションバイト設定などCubeIDEではできないBinary Programmingの+α機能を提供します。例えば、STM32G0/G4のRoot of Trust(3)の投稿で示したSBSFU書込みや消去などがこの機能に相当します。

CubeIDEでも、デバッガ上でアプリケーションの変数モニタは可能です。しかし、あくまでDebugging MCUの(開発者向け)変数モニタです。CubeMonitorは、アプリケーションを通常動作させたまま、変数をリアルタイム(ライブ)モニタができる点が、CubeIDEとは異なるMonitoring機能です。

STM32CubeMonitor特徴2:データ可視化

リアルタイムで取得したデータは、下図のようにPCダッシュボードに予め準備済みのChartや円グラフにして可視化することができます。しかも、これら表示が、PCだけでなく、スマホやタブレットへも出力可能です。

STM32CubeMonitorのデータ可視化(出典:DB4151)
STM32CubeMonitorのデータ可視化(出典:DB4151)

つまり、CubeMonitorを使えば、開発したアプリケーションのライブ動作を、あまり手間をかけずにビジュアル化し、エンドユーザの顧客が解るように見せることができる訳です。これが、一押しの特徴です。

文章で説明するよりも、コチラの動画を見ていただくと一目瞭然です。

組込みアプリケーションのビジュアル化

組込みアプリケーション開発も、自動車のADAS(Advanced Driver-Assistance Systems:先進運転支援システム)のおかげでビジュアル化がトレンドです。

組込みアプリケーションのビジュアル化
組込みアプリケーションのビジュアル化

もちろん、超高性能MCUやデュアルコアMCUで実現するアプローチが本流です。が、本稿で示した2020年3月発表のCubeMonitorを使えば、産業用MCUでも案外簡単にビジュアル表示出力が可能になりそうです。

組込みアプリケーションは、MCUで結構大変な処理を行っていても、外(顧客)からは単にMCUデバイスしか見えません。CubeMonitorで処理データを可視化するだけでも、複雑さや大変さを顧客へ示すツールにもなります。