LibreOffice,PC:パソコンMCU開発環境,LibreOffice,Linux Mint,Linux

1月22日現在、LibreOffice Fresh(最新版)は7.0.4、Still(安定版)は、6.4.7です。LibreOffice6系は、この6.4.7が最後で、以降はStill(安定版)も7系が提供されます。本稿は、6系ギャラリーを7系でも使う方法を示します。

LibreOffice版数(2021年1月22日現在)
パッケージ 想定ユーザ 2020/12/17版数
Fresh(最新版) 技術マニア、新しいもの好き、パワーユーザ向け 7.0.4
Still(安定版) ビジネス組織、法人企業、慎重なユーザ向け 6.4.7(6系最終)

6系と7系のギャラリー差

LibreOffice6系(左)と7系ギャラリー(右)の差
LibreOffice6系(左)と7系ギャラリー(右)の差

6系と7系の矢印ギャラリーです。筆者が6系でしばしば用いた赤上昇、緑降下を示す矢印は、7系ではありません。LibreOfficeのメジャー更新では、「学校と大学」ギャラリーのように提供テーマが消えるだけでなく、「矢印」のような同じテーマでも提供される図が変わることがあります。

旧版で使い慣れたギャラリーの図は、メジャー更新後もそのまま同じように使いたいと思います。そこで、6系の矢印ギャラリーを例に、7系の新しいテーマへ旧系の図を追加する方法を示します。

LibreOfficeギャラリーの新しいテーマ追加方法

LibreOffice更新は、オプションなどのユーザ追加設定は引き継がれますが、ギャラリーなどのプログラムは完全に消去され新版へ変わります。このような更新の一部機能引き継ぎは、1:手動エクスポート、2:LibreOffice更新、3:手動インポートの3手順で行います。

Step 1:手動エクスポート

新版でも使いたい旧系の図を、例えばデスクトップ上などの別フォルダへコピーします。

6系矢印ギャラリーの場合は、C:\Program Files\LibreOffice\share\gallery内に各種の図があり、最初の図の赤上昇はA42-TrendArrow-Red-GoUp.svg、緑降下はA43-TrendArrow-Green-GoDown.svgです。

Step 2:LibreOffice更新

LibreOfficeは、勝手に更新を始めません。

新版通知は、LibreOffice使用中にダイアログで表示されます。更新方法は、コチラの関連投稿を参照して頂くか、またはダイアログに従って操作すれば、ユーザ主体で問題なく更新できます。

Setp 3:手動インポート

新版へLibreOffice更新後、最初の図の新しいテーマをクリックします。

新しいテーマプロパティのファイルタブを開き、ファイルの検索(F)でエクスポートしたフォルダを選びます。すると、エクスポートフォルダ内の図ファイルがリスト表示されます。A42-TrendArrow-Red-GoUp.svgとA43-TrendArrow-Green-GoDown.svg を選択し、追加(A)>OKクリックで新版の新しいテーマへ旧版の図が追加されます。

LibreOfficeの新しいテーマの手動インポート方法
LibreOfficeの新しいテーマの手動インポート方法

追加後、新しいテーマのファイル名を、例えばMyPictureなどへ変更すると手動インポートギャラリーが判り易くなります。

エクスポートした図のすべて追加(D)や、プレビュー(E)を見ながらの選択も可能です。手っ取り早く、旧版ギャラリー図を全て手動エクスポートし、個々の必要性をプレビューで検討しながらインポートすることもできます。

PCインストール版Microsoft Officeライフサイクル

バージョン メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日
Office 2013(SP1) 2018-04-10(終了) 2023-04-11
Office 2016 2020-10-13(終了) 2025-10-14
Office 2019 2023-10-10 2025-10-14

PCインストール版Microsoft Officeのライフサイクルが上表です(Windows/Officeライフサイクルを再確認の記事から抜粋)。

つまり、Office 2019以外は、既にメインストリームサポートが終了しています。COVID-19の影響でこの終了日が延期される可能性もありますが、いずれにしても今後2~4年でPCへインストール済みOfficeの安心・安全性は低下します。

Microsoftは、Office 365でWeb版有償Officeサービスを継続して提供します。もちろんWeb版無償Officeも提供中ですが、Microsoft Officeは結局デスクトップ版が必要になる理由からも判るように、無償版の目的は、有償版へユーザを誘導することです。営利目的ビジネスなので当然です。

カテゴリ:LibreOfficeの目的

文書作成ソフトウェアは、PCには必須のツールです。

マルチプラットフォーム(Windows/Mac/Linux)動作で無償オープンソースLibreOfficeの習得は、追加コストなしでPCインストール版Officeの代替対策になります。Officeライフサイクルから、あと数年でOfficeと同レベルでLibreOfficeが使えるようになれば十分でしょう。

※図形描画ツール:LibreOffice Drawだけの習得でも効果があることは、コチラの関連投稿をご覧ください。

本ブログは、Windows環境に慣れたMCU開発者が、Windows起因のトラブル遭遇時、受諾中のMCU開発を中断なく継続する手段として、バックアップMCU開発環境:Linux Mint/LibreOffice/IDEの活用を想定しています。

ブログカテゴリ:LibreOfficeは、バックアップMCU開発環境上で文書作成するためのお役立ち情報です。もちろんWindows上でも動作しますので、もしもの時に備えてLibreOfficeを使ってみてはいかがでしょう?

MCU:マイコンWindows 10,MCU開発環境,OneDrive,クリーンインストール,LibreOffice,Office 2010,サムネイル

MCU開発環境のWindows 10 Pro Version 1803クリーンインストールに至った経緯を前稿で示しました。今回は、クリーンインストール後に改善された点、変わらなかった点、新しく気が付いた点などを記載します。

クリーンインストールで改善された点

クリーンインストール前は、110GB程度の使用量であったCシステムドライブが、同じアプリをインストールした後でも80GB程度で済みました。
この30GBの差がどうして生じたのかは、解りません。OSやアプリを使っているうちに溜まるゴミがあるとしても、30GBは大きすぎます。

差分の原因は不明ですが、意を決してクリーンインストールしたお陰(ほうび)として考えています。

クリーンインストール前後で変わらなかった点

OneDrive同期のOffice 2010サムネイル表示は、Excelのみ非表示が続いています。

もしかしたらOffice 2013以降であれば、正常にサムネイル表示されるのでは?と考えています。Office 2010延長サポートは2020年10月13日、つまりあと2年で終了します。Microsoftとしては、なるべく上位バージョンへの移行をユーザへ進めたいでしょうからその施策の1つではとの(うがった)考えからです。

私は、Office 2010の代替として、無償LibreOfficeを試用検討中です。

LibreOffice文書サムネイルは、OneDriveフォルダ内でも問題なく表示されます。

Office Word文書右とLibreOffice Writer文書左のサムネイル比較
Office Word文書(左)とLibreOffice Writer文書(右)のサムネイル比較

また、使用頻度が高いOffice Visio2010代替にDrawを使えるのもLibreOfficeのメリットです。さらに、Office文書はLibreOfficeでも編集できます。検討途中ですが今のことろLibreOfficeバージョン:6.0.5.2 (x64)に不満はありません。

クリーンインストールで新しく気が付いた点

起動不能の主因は、前投稿の前兆トラブル4「月1弱の起動失敗」であったと考えています。

しかし、この起動失敗時メッセージがBIOS関連であったため、現在のUEFI全盛環境では、たまには起こる事象だろうと安易に考えていました。また、BIOSからUEFIへいつか変更したいとも正直考えていましたので、きっかけ(トリガ)を待っていたとも言えます。

但し、BIOSからUEFIへの変更に対して、以前から使っていたTodoBackup Freeシステムバックアップでは対応できなかった可能性に気が付きました。TodoBackupは、Windows標準のバックアップソフトやシステムの復元機能よりも、個人的には信頼性が高いと評価しています。しかし、BIOSからUEFI変更時は注意が必要です。

TodoBackupで実行するタスクは、代々Cドライブ単独のシステムバックアップを行っていました。最新TodoBackup V11は、このシステムバックアップと、SSDやHDD丸ごとディスク単位のバックアップが別々のタスクで用意されています。

起動不能時に表示されたBCD関連のリカバリには、Cドライブ単独のシステムバックアップだけでは元々不可能だったのです。従って、今後はディスク単位バックアップを実行し、同様の起動不能に備えます。

また、初めてOneDriveを使うユーザには問題ない設定ダイアログが、既にOneDriveを利用中で今回のようなクリーンインストール後、再度ローカルPCと同期させる場合には注意が必要です。

サムネイル非表示問題のためにGoogle Drive同期へと1709で変更したOneDrive。クリーンインストールを機に、より使い勝手が良いOneDrive同期へ戻したところ、再同期ダイアログに設定ミスが生じやすいこと、ネット速度が遅い場合は、同期するファイルが多いだけに同期完了までに時間がかかることを実感しました。

OneDrive「再」同期の手順のまとめ

既にネットワークのOneDrive保存済みのPC同期ファイルと非同期ファイルがある場合、これらとクリーンインストールしたPCのファイルを同期させる時に、手順を間違うとPC内に全く同じファイルが同時存在したり、誤ってネットワーク内のOneDriveファイルを削除する場合があります。

これを回避するには、OneDriveを最初に起動した時に表示される「フォルダの選択」ダイアログで「非同期ファイルの☑を外す」必要があります。

OneDrive「再」同期手順
OneDrive「再」同期手順

デフォルトは、ネットワーク内の全OneDriveファイルをローカルPCへ同期する設定になっています。安易にデフォルトのままOKをクリックすると、全OneDriveファイルのダウンロードが始まります。

このOneDriveファイルは、ローカルPCのOneDriveフォルダに保存されますので、暫くすると、ローカルPCのOneDriveフォルダが、多くのネットワーク保存ファイルで溢れた状態になります。

そもそもOneDriveは、アーカイブスや普段あまりローカルで使わないファイル、また、これらに加えデスクトップ、マイドキュメント、ピクチャなど他PCとネットワーク共有すると役立つフォルダを保存する場所です。

デフォルトのままでは、全OneDriveファイルがローカルPCのOneDriveフォルダに保存されます。この状態で、アーカイブスや不要ファイルを削除すると、同時にOneDrive側も削除されてしまいます。幸い、OneDriveにもごみ箱があり、間違って削除しても復活させることができますが、手間です。

つまり、ネットワークOneDriveとローカルPCのOneDriveの制御を切り離すのが、最初に設定する「フォルダの選択」なのです。OneDriveも改版される度に設定ダイアログも変更され、従来から利用中のユーザには解りにくいことがあるので注意が必要です。

さらに、自動保存で設定できるドキュメント、ピクチャの保存先をOneDriveへ変更する場合には、事前に変更するローカルPCフォルダの場所を、OneDrive内へ移動しておくことも必要です。

私の場合は、マイドキュメントは依然として続くOfficeサムネイル非表示問題でOneDrive同期を使いません。従って、ピクチャフォルダのみをOneDriveへ移動しました。デスクトップは自動保存先の設定のみで同期します。

このように、設定順序や自動保存フォルダにより設定が異なることが現状OneDrive利用時の問題点であり注意点です。完成度は低いと言えるでしょうが、年2回の大幅更新で今後改善されるかもしれません。
※MCU開発と一番の違いは、このリリース完成度だと思います。

Windowsクリーンインストールや、OneDrive同期の方法を記載したサイトは数多くあります。
しかし、これらは新規クリーンインストールや初めてOneDriveを利用するユーザ向けなので、既存PCにトラブルが発生し、やむを得ずクリーンインストールする場合や、既存OneDriveユーザが再設定する場合とは異なる場合もあることに注意しましょう。

さらに付け加えると、Windowsクリーンインストール自体は、気を付けるのはライセンス再認証ぐらいで、アプリのカスタマイズ復活に比べ、手間も時間も数時間で済みます。
OSやユーザアプリインストール、各種カスタマイズ量が少ないなら、(クリーンインストールで半日から数日は完全に潰れますが)気軽にクリーンインストールしてもよい気もしました。

Windowsやアプリのカスタマイズ復活が未だ完全ではありませんが、MCU開発環境メインPCは復活しました。

MCU:マイコンWindows 10,MCU開発環境,1803,トラブル,OneDrive,thumbnail,Microsoft account,customization

突然起動不能に陥った自作メインWindows 10 PC。MCU開発環境は、このPC上に構築されており、メインPCとバックアップPCとのデータ同期も完全では無かったため、実行中であったMCU開発も完全に停止、開発途中部分もすっかり消えてしまいました。

本稿は、トラブルの前兆からWindows 10 クリーンインストールまでの顛末を示し、個人的には同様のトラブルへの備え、また、MCU開発者の方々には、休憩時の笑いネタになればと思い掲載します。

Windows 7から代々更新のWindows 10 Proと前兆トラブル

メイン開発環境に使ってきたWindows 10 Pro 64ビットは、Windows 7→Windows 8→Windows10と無料アップグレードを繰返し乗り切ってきた強者です。この間、マザーボードやHDDからSSDへのストレージ変更などの自作PCのハードウェアも更新し、2017年秋の1709前までは安定して動作しておりました。

マザーボードは、UEFI仕様ですが、Windows 7時代の旧ボード設定をそのまま引継いだため、レガシーBIOSモードで起動させていました。

1709更新後、以下のような細かいトラブルが発生していました。

  1. OneDrive同期しているマイドキュメントのOffice2010サムネイルが表示されない。
  2. エクスプローラー表示(Ctrl+Shift+2)時に、大きい縮小版と小さい縮小版が混在する。
  3. バックアップのノートPC:Windows 10 Homeが、ホームグループ参加に失敗する時がある。
  4. 月1回弱、起動に失敗するが、PCリセットボタン押下げで正常に起動する。

1と2のトラブルは、加齢のため文字よりも図形表示を好むようになり、サムネイル表示やフォルダアイコンも、内容が即解るものを多用するようになった結果で、これらトラブルはPC利用上とても気になっていました。しかし、これらのトラブル対策はネット上には見当たりませんでした。

サムネイル表示やフォルダアイコンの例
大小縮小版が混在表示されるサムネイルの例(左)。内容が一目で解るフォルダアイコン例(右)。

3は、メインPCとバックアップPCのデータ同期の妨げになり憂慮していましたが、1803でホームグループ廃止となるので、1803更新後に対策をとる予定でした。また、4の原因は不明でしたが、リセットボタンで解決するし、頻度も低いので、様子見をしていました。

Version 1803更新後の対策と効果

ホームグループ機能が消えた1803では、簡単接続のホームグループよりも面倒なものの、ネットワークと共有センターの設定を見直し、メインPCとバックアップPCの接続トラブルは解決しました。

また、マイドキュメントのサムネイル非表示は、OneDrive同期からGoogleのバックアップと同期に変更し解決しました。PC起動失敗も1803更新後は、一度も発生せず安心しておりました。つまり、1803更新以降は、2のトラブル以外は解決し、安定動作をしていました。

突然の起動不能とWindows 10クリーンインストール

メインPCのモニタに突然BCD関連のエラーメッセージが表示され、PCリセットボタン押下げ後も起動しなくなったのは、7月9日です。対策に、Windows 10の自動修復やスタートアップ修復、コマンドプロンプトでbootrecコマンドなど考え付く対策を何度か実行しましたが、残念ながら起動不能となりました。

起動不能直前のバックアップを取っていたので、SSDの寿命ではと思い新SSD調達後、新SSDへリカバリしましたが、旧SSDと同じく全く起動しません。旧SSDをCrystalDiskInfoで調べたところ、ハードウェアには問題なしでした(調達前にチェックすべきでした、この間に費やした時間:1W)。

この時点でメインPCのリカバリを諦め、1803クリーンインストールで回復させる方法に心を切り替えました。ついでにマザーボードをレガシーBIOSから、UEFI起動へ遅ればせながら変更を決意しました。

さて、Windows 7以来久しぶりのクリーンインストール。ネット上に様々な情報がありますが、14インチノートPCの16対9横長モニタで検索し情報を読むのは、24インチ3対2のメインPCに比べ劣ることを実感しました(小さく細かいモニタ文字は読みにくい、やはりモニタは大きい方が良いです)。

読みにくさを我慢して見つけた情報を基に1803のクリーンインストールをしましたが、これがMicrosoftアカウントを使ってのインストールでした。
Microsoftアカウントインストールの場合、面倒なPIN入力やユーザフォルダ名の勝手な設定、自動起動するOneDriveに悩まされます。Windows 7時代は、ローカルアカウントインストールが主流だったことをこの時思い出しました(この失敗に気が付くまで:0.5W)。

そこで、再度ローカルアカウントでの1803クリーンインストールを行い、とりあえずWindowsとOffice2010、ブラウザ、セキュリティソフト、バックアップソフト(Todo Backup Free)、同期ソフト(FreeFileSync)のインストールを完了した時点で、クリーンインストール直後の初期バックアップを取りました。また、リカバリをテストし、動作確認しました(再インスト:0.5W)。

勿論、UEFIで正常に起動します。Windowsライセンス認証も問題ありません。

MCUアプリインストール前にカスタマイズ復元するが…

私は、WindowsやOfficeはカスタマイズして使います。クリーンインストール直後の状態は、使いづらいのです。そこで、バックアップのノートPCを参考にしながらカスタマイズも復元しつつあります。

メールアドレスに紐づけされているChromeやFirefoxブラウザのカスタマイズは、簡単に復元できますが、Microsoft製品のカスタマイズ復元は手動で行うので面倒です(多分Apple  iOSなら簡単にできるのかも?)。

Microsoft もSaaSやPaaSをうたうなら、個人情報収集よりも先ず提供ソフトの設定などをクラウド保存し、ブラウザ同様Microsoft アカウントでローカルPCに復元してほしいと思います。

個人レベルでの各種セキュリティ対策を行うのも困難になりつつあり昨今、MCUに限らず全ての開発のベースとなるWindowsと、出来ればOfficeアプリは、クラウド側で安全にサービスを提供してほしいと思うのは私だけでしょうか?

現在クラウドで提供されているWord/Excel/PowerPointサービスは、低機能すぎて、使いものになりません。Office365なら機能十分で、カスタマイズ復活なども可能なのでしょうか?

Windows 10 IoT Core Servicesは、この要望に近いOSサービスかもしれません。

MCUソフト開発環境もmbedなどは、開発環境が全てクラウド側で用意されていて、ローカルでは、高度なデバッグを除いてブラウザのみで開発ができます。今回のようなトラブルが発生しても、開発を中断せずに続けられます。

未だWindowsとOfficeのカスタマイズ復元中です。これらを復元するため、先ずWordでトラブル顛末記を作成しました(カスタマイズに要する時間:推定1W~2W)。

トラブルから得た教訓

・Windowsクリーンインストールは、ローカルアカウントにて行うべし。
・モニタは大きいものが必須。次期ノートPCは、携帯性を犠牲にしても17インチモニタにすべし(1キロ13インチなんてとんでもない!)
・各種カスタマイズ復元ソフトを探すべし。