Windows8 Release PreviewとCubeSuite+ V1.02.00

RL78マイコン,MCU:マイコン

CubeSuite+ V1.02.00の動作環境は、ユーザーズマニュアル起動編によると、32ビット版XP、32/64ビット版Windows7です。5月31日にWindows8 RPがリリースされましたので、この新環境の64ビット版Windows8 RPで、CubeSuite+ V10.02.00が動作するかをレポートします。

結果は、デスクトップアプリとして何の問題もなくWindows8 RP上で動作しました。Windows8 Release PreviewとCustomer Previewとの違いは、より製品版に近いこと、画面描写がカッコ良くなったことなどです。詳細は、いろいろ記事がでるでしょうから、そちらを参照して頂くとして、ここでは、CubeSuite+がWindows8 RP上で、どのように動作するかにフォーカスしてレポートします。

Windows8 スタート画面とデスクトップCubeSuite+画面

Windows8スタート画面                                 デスクトップCubeSuite+画面(チャーム出現時)

CubeSuite+をWindows8 RPへインストールすると、スタート画面のタイルに、普段はあまり使わない全アプリのタイルが自動的に登録されます。これは、わずらわしいので、不要タイルを右クリックして、「スタート画面からピン止めを外す」を実行し、必要最低限のタイルのみにすることをお勧めします。私は、CubeSuite+タイルのみにしました。

CubeSuite+タイルをクリックすると、デスクトップ画面に切り替わり、アプリが起動します。通常のアプリは、Windows7画面からスタートボタンを消したこのデスクトップ画面で動作します。マウスを右端に持ってくると、チャームと呼ばれる黒い縦帯の「検索」…「設定」の簡易ランチャーと、時計が自動的に表示されます。右端までの長いソースコードは記述すると、このチャームとバッティングするので、程ほどの長さのコード記述が良いでしょう。その他は、特にWindows7との差は感じませんでした。

製品版とほとんど同じと言われるWindows8 Release PreviewでCubeSuite+が動作しましたので、タイルやチャームに気を付ければ、Windows8移行は問題なしと思われます。