RL78 CPUコアをS1/S2/S3で分類

RL78マイコン,MCU:マイコン

2013/04/11発行のRL78 ファミリ ユーザーズマニュアル  ソフトウェア編で、RL78 ファミリのCPUコアがS1/S2/S3の3種類に分類されました。本ブログ関連のRL78/G13とG14は、S2コアとS3コアに分類されます。

表 各CPUコア機能差と製品例

項目 RL78-S1コア RL78-S2コア RL78-S3コア
CPU 8ビット 16ビット
命令の種類 74種類 75種類 81種類
汎用レジスタ 8ビット・レジスタ×8(バンクなし) 8ビット・レジスタ×8×4バンク
乗除算積和演算命令 なし あり
製品例 RL78/G10 RL78/G13RL78/G12、RL78/G1A、RL78/G1C、RL78/I1A等 RL78/G14

 

前の版、2011年1月31日Rev.1.00のユーザーズマニュアル  ソフトウェア編では、このCPUコア分類はありませんでした。製品が多くなったので、分類が追加され、これですっきりした感じがします。旧NEC系がS1、旧ルネサス系がS3、両者融合の現社ルネサスエレクトロニクスがS2といったところでしょうか?

RL78-S2コアでソフト設計しておけば、適用製品が多いソフト開発ができそうです。