STM32G0x専用マイコンテンプレート|STM32G0x(Cortex-M0+)で動作、詳細説明あり

STM32G0x専用テンプレートSTMicroelectronics

概略:LL API利用 STM32G0x専用テンプレート

テンプレート名 対象マイコン(ベンダ/コア) 評価ボード:動作確認ハードウエア
STM32G0x専用テンプレート STM32G0x
(STMicroelectronis / Cortex-M0+)
STM32FG071RB:NUCLEO-G071RB(Cortex-M0+コア)

※HAL API利用の別売汎用STM32Fxテンプレートを、STM32G071RBへポーティングしたHAL API利用STM32G0xテンプレートも添付します。本LL API利用専用テンプレートと、HAL API利用テンプレートのAPI差が、具体的に理解できます。

※付属説明資料は、STM32G0x専用テンプレートのLL API関連が中心です。汎用テンプレートは、STM32Fxテンプレートをご購入し、説明資料を参照してください。

LL APIとHAL APIの特徴

LL APIとHAL API比較
  • LL API︓ HALよりもハードウェアに近く、高速軽量なエキスパート向け (STM32G0x専用テンプレートで利用中)
  • HAL API︓ハードウェア抽象化で、STM32MCU間で最大限のアプリケーション移植性を保証 (STM32Fxテンプレートで利用中)

付属説明資料のもくじ

STM32G0x専用テンプレートもくじ

ダウンロード可能説明資料

下記ページは、ダウンロード可能です。是非ご検討をお願いします。

STM32G0x専用テンプレート概要 STM32G0x専用テンプレート仕様STM32G0x専用テンプレート適用プロジェクト

ご購入希望の方は、テンプレート購入方法をご覧ください。

[PR] おすすめ情報